こんにちは

SOUIです。

 

今日は行動することがどのくらい人生を有意義にするかについてお話していきたいと思います。

よく悩んでしまう性格の人っていますよね、私も過去そういうタイプのだったのでよくわかります。非生産的だってわかっていてもどうすればいいかわからないということが続き、行動することが怖くなってしまい頭の中グルグルでもがき苦しんでしまう状態。そんな負のループだと思います。

そんな時になんでもいいので行動することがいかに大事かというのが今回のお話になります。

今回のお話は習慣コンサルタントの古川武士さんの本から得たものを自分なりに解釈したものです。

もしあなたが悩んでしまう癖があったり、物事がうまくいかないと悩んでいるのなら、今回の記事を参考にしてみてください。

必ず行動できる手助けになり、今の状態から一歩抜け出して、徐々に自分の進みたい方向へ自分の生活を変えていけるようになります。

 

行動フォーカスアプローチ
理想の現実、問題の解決、事故の成長はすべて小さな行動から始める

10の行動アイデアを書き出して実際に行動する

行動すると道が開ける本当の理由はフィードバックから発展させること

フィードバックには外的、内的

いつもの行動の範囲から一歩踏み出すことをいこだけ取り入れてみる

動きながらの修正が結果を出していく最短の道

最初の一歩が重いからこそいかに自分をだまして簡単なことをさせるかがカギ

理想の現実、問題の解決、事故の成長はすべて小さな行動から始める

悩みのループから成功ループへ

まずは行動を10個書き出す

できることから始める

フィードバックを得られるまで行動する
自分のフィードバックは日記にする

改善と次の行動を始める

 

投稿者プロフィール

sou