■続けることを目標にする

 

目標を決める時に気をつけることは

継続に焦点をあてて目標を立てましょうってことですね。

 

つまりの何かを達成するための目標

例えば6ヶ月で10キロ痩せるっていう目標よりも

結果運動する習慣があれば痩せるっていうのは分かっているのだから、

あのまずは運動を続けるっていう目標を立てましょうっていうことです。

 

まず習慣がついていないっていうことだから運動する習慣を持っておけば

そもそもそこでカロリー代謝は行われるわけです。

ただその運動っていうのがやっぱりきついっていう考えが先行してしまうと

毎日は続かないし続けるのって大変だよね

という方向に考えが移ってしまいます。

 

けれども、まず目標自体は継続することを目標にしましょうという話ですね。

実際に行動する時はやっぱり大変だなと思うので、

それを少しお話していきましょう。

 

■ベネフィットを考える

 

やっぱりそうは言ってもなかなか痩せるって言うためだけに

運動を続けるっていうのは結構大変なことです。

 

そんな時にモチベーションを維持するためにもとか

自分の感情をコントロールする意味でもやる気になるような

自分のやる前とやった後の違いをイメージしてみようっていうことが重要です。

 

どういうことかって言うと8個の習慣を身につけるーまえつまり今現在はそのダイエットに対して痩せることに対してどう思っているのかでもしその習慣が運動する習慣が身についた時に自分はどういう変化があるのか考え方に変化があったりもしくはそのもっと身近な物理的な体重が減ったとかそういう結果を想定してイメージして見るんですねそのなった時にこんなことも変化があるよこれだけじゃなくてこういう変化もあるよもしかしたらこの変化が起こったらさらに良い変化が起こるかもみたいな本当に自分に都合のいいストーリーを作り上げてみるんですねえ人間ってストーリーに感情が動くので自分でストーリーを作ってみるといいですこの習慣をやってみた場合自分はこうなってこうなってこうなって本当にシンデレラストーリーのようなトントン拍子の成功ストーリーを自分の中で描いてしまうどどんどんやる気が満ちてくるんですねでそういうストーリーを自分の中で作ってしまって自分が行動しやすくするんですね目の前のことをやるだけで習慣にするだけでこんないいこともある こともあるって言うん動機付けがどんどん自分のモチベーションだったりあのやる気を上げてくれると言うか行動に移してくれる原因になってくれるといいことですね

 

■ハードルを低くする

そんなことはわかってんだよっていうか

やる気はあるんだけどやっぱり実際に行動に起こすと

すごい大変すぎてあのこんなの習慣化できないよ

辛いよっていう人もいると思うんですけど

 

これポイントなのがあの最初からちゃんとやらないっていう大事で最初のハードルをめちゃくちゃ低くするんですね本当にあのそうすると行動できるんじゃないかなと思うんです例えば痩せるためにいきなりランニング20分とかウォーキング1時間みたいな目標を作るじゃないですかそれって毎日続きますかしゅうさん続きますかなんか難しいですよねでもそこで例えば一番ハードルを低くして毎朝起き起きて朝ウォーキングランニングジョギングしようと思ったらまず朝起きてシューズを履くランニングシューズを履くそれでオッケーもしくは走る用のトレーニングウェアに着替えるそれでオッケーもう外も出なくてオッケーそれをとりあえず一番最初にやってみるあのそこまでが今日のできたこと OK で自分に言うことができる目標にしてしまう罹災トレーニングウェア着てあの走りに行ってしまってもいいんだけどやる気がある日はけどそのやる気って感情に左右されてしまったりするので人間なのでとか体調をもあると思うしどんなにあの感情に振り回されてしまっている昨日振られたとか今日上司に滅茶苦茶怒られたとかそんな日にでも8行動できるもしくは体調がめちゃくちゃ悪くて風邪引いた後かもう三十八度の熱が出てしまっているみたいな状態でもなんとかなっちゃうような行動考えてみてつまり嘘の状況ってめちゃくちゃハードル低いじゃないですかどう考えてもあのランニング20分はできないですよね風邪引いている状況ででもトレーニングウェアには着替えることができるって言うことはあのもうすでにその時点で目標達成なのでそれでよしとしてしまうその行動自体が次につながる行動なのでつまり一番最初のハードルとしていいトレーニングウェアに着替えるシューズを履くっていうことがあるわけでその延長にランニング5分10文20文30文みたいな感じになっていくじゃないですかだからそういった感じでとにかくハードルを下げてしまいましょうってことですね

 

■1分でできること

でんまああのーちょっとそのハードルを低くしてっていうのがなかなか思い浮かばない場合もあると思うんですけどとりあえずそのことに関して1分でできることって何だろうとかを考えてみるといいです本当1分で 1分でできないことはあの最初のハードルとして目標として掲げないことを重視するんですねむしろなんか20分もかかるようなことを習慣の一番最初に組み込まないのが大事でで1分でできることって何だろうて考えて浮かんだものこれが一番次の行動につながる行動で1分でできることじゃないかなみたいなのを考えてみてほしいのであの書いてみてみるといいと思いますいくつも習慣にしたいものがあるとしたらあの複数あげてもいいんですけどやっぱり馬見塚多くても四つぐらいに絞ってもらった方がいいですね少なくともその三つが二つがみっつぐらいまでが習慣になるぐらいあなる時期ぐらいまでは三つか四つぐらいまでに習慣化するものを絞ってしまった方がいいと思います

 

■気づいたらすぐできることを決める

で決めたらですねいつでもできることも考えてほしいんですねもしかしたら8トレーニングウェアさっきの走ることで言えばトレーニングウェアを着るとかシューズを履くっていうのはなかなか会社ではできないですよねやっぱ自宅にいてできることなので朝だろうが夜だろうがいいんですけれどもあの家にいれば気付いた時にトレーニングウェアを着るとかシューズを履くっていうのはそこまですごい負担になる行動ではないですよね走ることに比べればしかも1分以内に出来ちゃいますからそうじゃなくてもし外出先の時カフェにコーヒー飲みに行ってたりとかお茶飲みに入ってたりとか普通に会社に出勤しているときにとかそういう時にできることもサブ目標みたいな感じで考えておいてほしいんですねでそのサブ目標もちゃんとクリアしてれば今日の園習慣化する目標を達成した今日の目標を達成したっていうことにしてしまっても OK つまり家にいる時にトレーニングウェアを着る習慣を忘れてしまった今日の日課として行っぷんかん頑張ってみることを忘れてしまったでそのまま家を出てしまったていう時に普通やらないじゃないですか今日あの行動するの忘れちゃったなーみたいなのではい今日もできませんでしたみたいな形にするとまず継続を目標習慣化を目標にしているはずなのでまたそれだとまずいわけです毎日続けて欲しいそのためのハードルを低くしてることなのでなので出先でもできる行動考えてほしいわけですよ具体的に言うと外ではトレーニングウェア着ることはできないんで例えば外にいる時に会議中でもいいですよお腹に力を込めるとかお尻に力を込めるとかそういうえお気がついたと その場でできることをやってみるんですね普段トレーニングしなきゃって思ってもあのランニングしないと意味がないとかそういうんじゃなくてあのこれでも運動にはなってるよねみたいなぐらいまでそもそもその日のハードルを下げちゃうんですね腹筋とかお尻に力を入れることがあのランニングの代わりになるのかよって言ったらならないですけれどもあの最初の第一歩運動するっていう意味での第一歩としてそれをちゃんと自分で受け入れてしまえばいいんですねこれはランニングに繋がっているんだ運動につながっているんだっていうことにしてしまうんです自分の都合のいいように捉えてしまって今日も運動できた手を継続できたで OK にしてしまうんですねでもしその日早く帰れて時間ができるんだったらまあ時間なくてもあの一分間でできることなので家帰ったらちゃんとトレーニングウェア切ればいいしそれじゃなくて気がついた時にあの忘れちゃったなって思ったら気が付いた時にできることを持っておくとすごく気が楽なんですよねあんまり引っ張られない今日あれ忘れちゃったとかって思い始めるとすごく自分を責めちゃうんでそうじゃなくてやり忘れちゃったでも今ここであのだいたいになる行動が取れちゃうからいいやこれで今日の目標を達成にしてしまおうで最初はいいと思うんですねで

 

■今この場でできることを考えて実行してみる

この場でとりあえずやれることを決めて行動に起こしてしまいましょうて話です さっき言った通り本当にハードルめちゃくちゃ低くて1分間でできることをまずとりあえず考えてみてでそれに付随してサブ目標としてなのどこでもできること電車の中でも会社でも道歩いてる時でもできるぐらいの勢いのことをサブ目標として決めてしまうとすごく気が楽になるし必ず行動できることに落とし込めるんですね1分間でできてとこでもできるってほぼどこでもいつでもできるじゃないですかていうとこまで先に決めてしまうことが大事でそれをきちんと毎日行動しましょうてことですね

 

ここまでのまとめなんですけれどもまあ週間かっていうことに対して大変だなあとか自分にはそんなこと大変すぎて続けられないよみたいな自信ないよみたいなことが多いと思うんですけれども余計理想と言うか最終的な目標がとても高い場合ってなかなか日々の心がけが重要だよって言ってもなかなかそれに到達するまで続けられないよみたいなのがあるんですけどあのまずは続けることどんなに小さくてもいいから続けることを目標にしましょうでその小さな事ってどれぐらい小さくていいのって言ったら本当に本当にステップはあるのかないのかこれ意味あるのかないのかわからないぐらいでもいいんですよでその行動が次にどう繋がるかを考えながら行動するとどんどんわくわくしていくしあのさっきのですね50母になる他の考え方を話してみたと思うんですけれども 最短ですねあの考えを巡らせながらこれをやったら次にこれができるからできるようになってるはずだからねそうするとこれもできるようになっていくはずだしでこうなったらなったらっていう感じで次々に次の行動のイメージがわくしそれによって得られるの価値っていうのをイメージできるようになるんでどんどんどんどん自分のやってることと未来が繋がっていくんですねなので一番はじめはつまり行動し始めるまでは本当にステップがあるのかないのかわからないぐらいの小さなことであの勢い着いたら行っちゃってもいいんですけれども続けてしまってもいいんですけれども次の日もそれをやんなきゃいけないかって言ったらそうじゃなくて自分が出来る範囲で出来る範囲でしかも最低限踏まなきゃいけない事っていうのは本当にシューズを履くだけでいいわけですからねシューズを履くことが外に出て歩いたり走ったりすることの第一歩だって思えてその行動をとることが大事ってことですね今日も今すぐできることをあの決めたらまず行動してみて明日もその行動のファーストステップを踏んでみると次々と自分の行動につながって自信が出て行くと思うので頑張ってみてください